番外編2(新型コロナ感染症関連2 のど飴)

2021年05月07日

新型コロナ感染症の主な感染経路は上気道です。前回触れましたように上気道の繊毛がウィルスを含めた異物を体外へ排出する作用があり、乾燥によりその運動が低下することがわかっていますので、感染を防ぐには口腔が乾燥しないようにすることが対策の1つとなると考えられます。今回取り上げるのど飴には唾液分泌を促し、乾燥を防ぐ作用、さらには抗ウイルス作用成分を持たせることもできると考えられます。

 

 これまでに上気道感染症に対するのど飴の効果を示す発表のひとつは 「カリンエキス配合飴の摂取による風邪などの上気道感染症罹患率に対する効果」(株式会社ロッテ プレスリリース 2011年11月)

があり、非摂取群の罹患率が39.3%であるのに対し、カリンエキス配合飴を1日5粒毎日摂取摂取群は27.3%と有意に低く、カリンエキス配合飴の継続摂取により風邪の罹患を抑える効果が期待されるという試験結果となったとのことです。

 



また、人で直接の感染予防効果を示すものではありませんが、柿渋を含ませた飴をなめさせた唾液を新型コロナウィルスとまぜたところウィルスを不活性化する効果が見られたという発表(カンロ株式会社 プレスリリース 2021年2月:下図参照)がありました。

もちろん、これらはのど飴の新型コロナに対する有効性を証明するものではありませんが少なくとも一定の感染リスクを下げる要素になりうるのではないかと考えています。

2021.5.8

 

 

コメントを残す

承認させていただいたコメントのみを数日以内に掲載します。

CAPTCHA