第9回 代替医療 その1  

2021年04月21日

代替医療というのは聞きなれない言葉かもしれませんが、わかりやすくいうと、鍼灸や漢方、指圧、ヨガ、アーユルヴェーダ、瞑想法など一般的な病院の西洋医学とは別の医療をいいます。

 また、代替医療と西洋医学を組み合わせて施療することを「統合医療」といい、近年は世界保健機関(WHO)や厚生労働省でもその評価が論議されています(2012:厚労省検討改資料)。

 

 漢方はその成分を化学的に分析することで薬理学の中に組み込むことにさほど大きな抵抗はなかったと思いますが、それ以外の代替医療の原理・現象について、近代科学では説明できないところがあり、正式な医学に取り入れることは認められない場合が多かったと思います。しかし、脳・神経科学などの進展により一部は科学的論証の可能なものも出てきています。 そして、今まさに、切り口としてエピジェネティクスを用いることで多くの新しい知見がえられるのではないかと考えています。次回からはいくつかの事例についてご紹介していきたいと思います。

 

(Riya R. Kanherkar,ら: Evidence-Based Complementary and Alternative Medicine Volume 2017 より改変 

                                                                                                                                                                                     2021.4.21

コメントを残す

承認させていただいたコメントのみを数日以内に掲載します。

CAPTCHA